カメラを使い終わったら必ず掃除

 一概にカメラの掃除といっても、普及版のコンパクトデジタルカメラとレンズ着脱式の高級一眼レフカメラとではレンズ周りの構造を中心にかなり異なり、手間や神経の使い方もずいぶん違います。
 いずれも、使い終わってケースにしまう前に掃除するのがよいと思います。
付着している手の油分や細かな埃は使い終わった後が一番多いからです。
放置すると黴や変色の原因になります。
 手入れに用いるのは、ブロアー(主として一眼)、大小のブラシ、クリーニングクロスなど。
 まず、ブラシを大小使い分け、全体と細部の埃を払い落とします。
全体にざっと、しかしやさしく払い落としましょう。
フラッシュ、シャッター、その他各種ボタンの周りなど細かな窪みの掃除には小さなブラシが役立ちます。
 一眼レフの場合、こうしてひととおり埃を払い落としたら、ブロアーで、着脱レンズ、撮像素子などデリケートな部分の埃を吹き飛ばします。
やり方はインターネット上にたくさんアップされているので、それらを参考にしてください。
 次に、レンズ表面の汚れを落とします。
傷つき易いのでブラシは使わず、ブロアーで表面の埃を取り除いたあと、専用クロスで拭きます。
もっとも、数千円程度のコンデジにここまで神経を使う必要もないでしょう。
 最後にクリーニングクロスで全体を拭いて、作業を終わります。
カバーフィルムが貼られていない液晶画面は、強く拭き過ぎると傷になります。
注意しましょう。

快適な撮影環境のためのカメラ掃除

カメラを使用していると、どうしても日常的に汚れが発生してしまうことがあります。
例えば、レンズが曇ってしまったり、ボタン周りに手垢がついてしまう、といった症状です。
こうした汚れがついてしまえば撮影時に邪魔になるだけではなく、綺麗な写真を撮る妨げにもなりかねません。
というのも、レンズから覗いた映像がそのまま写真として残ることになりますから、綺麗にした方がいいのです。
カメラを使う上で大切なのは、定期的にこれらの汚れを落とすために掃除をすることです。
掃除といっても大掛かりなものではなく、クロスでさっと拭いたり、エアーでほこりを吹き飛ばすなどの簡単な清掃でもOKです。
日頃から手入れを行うことにより頑固な汚れがつきにくく、綺麗な状態を維持できる仕組みといえるでしょう。
ですから、カメラを使っている全てのユーザーは今一度使用環境を確認して、掃除をするように心がけてみてはいかがでしょうか。
快適なカメラ・ライフを送るためには必要なことなのです。

check

ダイビングライセンスを福岡で取得
https://www.marea-fukuoka.jp/

最終更新日:2017/4/13

Copyright c 2015 CAMERAP. All rights reserved.